初期の薄毛なら薬だけのaga治療から始めよう

毛髪14

男性型脱毛症であるagaは少しずつ進行するのが特徴で、症状が進むと元の状態に戻すのは簡単ではありません。現在では、多くの医療機関でaga治療が提供されており、多くの男性が髪の悩みを解消しています。ここからは、aga治療がどのように行われているのかを書いていきます。

薄毛や抜け毛が気になっている人、治療を検討している人は参考にしてください。

aga治療を行うと多毛症になることもある

症状に気づいたら早めに対策をしよう

脱毛症にも多くの種類がありますが、男性の薄毛は男性型脱毛症・agaと表現されています。髪の衰えにも個人差があり、中年期以降に薄毛や抜け毛が進行する人もいれば、早い人は20代ぐらいからでも薄毛が進行していきます。

男性型脱毛症は一時的な抜け毛や薄毛とは違い、少しずつ進行するのも特徴的です。それゆえ、対処が遅れると薄毛の進行は進み改善が難しくなってしまいます。それゆえ、髪の衰えが気になったらできるだけ早く対処することも大事です。

自宅で行える対策としては、洗髪などのヘアケアの見直し、生活習慣や食生活の乱れを正すことなどがあげられます。努力次第では、agaの進行を遅らせることも期待できますが、自己流の努力だけでは髪を新たに生やすのは難しいものがあります。

薄毛対策に本気で向き合うなら、医療機関による治療も考えてみましょう。aga治療は今ではかなり進化しており、多くの男性が治療を受けることでその悩みを解消しています。aga治療というと、自毛植毛のように費用や手間がかかる治療をイメージする人もいるかもしれません。

かなり進行した場合は、こうした治療が選ばれることもありますが、初期の薄毛なら薬だけで対応できることも多くなっています。

個人輸入を利用してaga治療!その場合のメリットと注意点を解説

aga治療は自費診療

aga治療は皮膚科や男性専門クリニック、美容クリニックなど多くの医療機関で提供されています。美容目的の治療になりますので、保険適用はされません。自費での治療になりますので、長期間でも無理なく続けられるかを確認しておきましょう。

医療機関ごとに治療費は違いますが、薬だけの治療なら月額数千円程度から始めることができます。医療機関ごとに処方される薬の種類や、治療費も違いますので複数のクリニックで比較して相場を知っておきましょう。aga治療はいつまで続ける必要があるのかも気になるところです。

まず、薬を始めたからといって、すぐに髪が復活するわけではありません。髪の成長には毛周期が関係していますが、薄毛や抜け毛が進んでいる人は、この毛周期も乱れています。乱れた毛周期を改善するためには数か月程度の期間は必要とされています。

それゆえ、初期にあまり効果を実感できないという人も、すぐにやめてしまわずにある程度の期間は根気よく続けることが大切です。効果が出ても、それで治療が終わりというわけではありません。薬をやめると、髪はまた元の薄毛の状態に戻ってしまいますので、効果を実感できてもさらに長期間薬を続ける必要があります。

飲み薬にはどのような働きがあるのか

毛髪20

aga治療では、どんな薬が使われて、どのような働きがあるのかも知っておきたいところです。aga治療薬は大きく分けて頭皮に直接塗布するタイプと、服用するタイプがあります。

服用する薬では、プロペシアが代表的です。プロペシアの主成分はフィナステリドで、もともとは前立腺肥大症の治療薬として開発されたものです。agaは男性ホルモンの影響によるものが大きいとされています。男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという還元酵素と結びつくと、より強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロンに変化します。

このジヒドロテストステロンは毛周期の成長期を短くし、健康で太い髪を生えにくくするといわれています。フィナステリドは、5αリダクターゼの働きを抑える効果があるので、ジヒドロテストステロンの生成を防いでくれます。

毎日服用することで、ジヒドロテストステロンが少なくなり、毛周期が正常になることで、薄毛や抜け毛の進行を抑えることが期待できます。薬の服用は1日1回、1錠で良いので続けやすいこともメリットです。

aga治療は受けるべき?aga治療のメリットとは


頭皮につける薬の特徴と効果を知る

aga治療は飲み薬だけではなく、頭皮に塗布する薬と併用することでより高い改善効果が期待できます。頭皮につける薬で代表的なものがミノキシジルです。この薬は医療機関で処方されていることはもちろん、市販にもミノキシジルが含まれる育毛剤があります。

ミノキシジルはもともと高血圧の薬として開発されていましたが、薬を使用した人に発毛や多毛の副作用がみられたことから、薄毛治療にも活用されるようになりました。ミノキシジルがなぜ薄毛に効果的なのかを知っておきたいところですが、この薬には血行を促進させる作用があります。

薄毛が進行する原因のひとつには、血行の悪さがあげられます。頭皮の血流が悪くなると、髪の成長に良い成分や栄養素も毛根までしっかりと運ばれなくなってしまいます。高血圧の薬として、開発された飲むタイプのミノキシジルは全身に作用しますが、薄毛治療用に塗り薬として使われているミノキシジルは塗ったところのみに作用します。

オリジナルの治療薬にも注目

薬だけのaga治療では、基本的にミノキシジルとプロペシアの処方が行われています。最近は、同じような効果の別の薬も登場しており、そうした薬が選ばれることもあります。こうした薬だけで良い改善が得られない場合は、薄毛専門クリニックでの治療も考えていきたいところです。

薄毛専門のクリニックでは、オリジナルの発毛剤が用意されていることが多くなっています。

治療費は高くなりますが、一般的な薄毛治療薬では改善が難しいという人は、より専門的な治療も考えていきたいところです。

治療の注意点を知る

薄毛治療は優れた改善効果が期待できますが、利点だけではなく注意点もあります。まず、薬を飲んだからといって、順調に髪が成長するわけではありません。人によっては初期脱毛が起こり、かえって抜け毛が増えることもあります。

とはいえ、初期脱毛は一時的なものなので、それで治療をやめてしまうのではなく、続けていくことが大切です。初期脱毛は毛周期が正常に戻ろうとするときに起こる症状で、1~3か月程度で収まるとされています。初期脱毛の症状がなかなか改善されないという場合は、担当の医師に相談してみましょう。

飲み薬であるフィナステリドは男性には効果的ですが、女性や子供の健康には悪い影響が出る可能性もあります。それゆえ、治療期間中は女性や子供が薬に触れないよう、きちんと管理をすることも大事です。多くの量を飲めば早く改善するわけではありませんので、過剰に飲むことはせず、服用量や回数は正しく守りましょう。

初期のうちに治療を始めよう

aga治療にも色々な種類がありますが、初期の症状であれば薬だけでも良い改善が期待できます。薬は飲むタイプと頭皮に塗るタイプがあり、併用することでさらに優れた改善効果が期待できます。薬は正しく使うことが大切ですので、特徴や効果。

服用方法は良く理解しておきましょう。効果はすぐに出るわけではないので、根気よく続けることも大切です。