aga治療は受けるべき?aga治療のメリットとは

毛髪20

薄毛に対して医療的アプローチで治療を行う人が増えています。agaは成人男性に多い脱毛症で、薄毛の症状がみられることが特徴です。agaは徐々に進行していくので、症状を改善するためには早めの治療が必要だとされています。

知名度が上がってきたaga治療ですが、まだ知られていないことも多いです。agaの概要とaga治療内容、治療のメリットなどについて詳しく説明します。


agaとは

毛髪27

agaとは正式にはAndrogenetic Alopeciaと言います。日本語では男性型脱毛症と呼ばれ、主に成人男性に薄毛や脱毛症状が現れるのが特徴です。男性の薄毛の症状の多くがagaであり、全国には約1,300万人ものaga発症者がいるとされています。

agaは進行型ですので、薄毛が気になりだしたら早めに治療を開始するのがベストです。agaには大きく分けて2つのパターンがあり、おでこの髪の生え際あたりから徐々に髪の毛が抜けて薄くなっていく「M型」と、頭頂部から毛が薄くなっていく「O型」があります。

agaは男性ホルモンが深く関与している脱毛症です。

毛の根元には毛包の毛乳頭細胞、および毛母細胞があり、そこに「5αリダクターゼ」という酵素が存在します。この5αリダクターゼがテストステロンという男性ホルモンと結びつくことで、ジヒドロテストステロンに変化することがポイントです。

ジヒドロテストステロンは髪の毛の成長を阻害する信号を出してしまいます。それによって薄毛が発症するのがagaの仕組みです。おでこや頭頂部にagaの症状が多くみられるのは、この部分に5αリダクターゼが多く分布しているからだといわれています。


aga治療の内容

agaは、原因であると考えられている5αリダクターゼに薬でアプローチする治療方法が可能です。一般的な方法としては5αリダクターゼを塗り薬や飲み薬によって抑制します。治療薬は市販されていないため、医師の診察を受けて処方箋を出してもらうことが必要です。

用いられる治療薬はミノキシジル、フィナステリド、デュタステリドの3種になります。ミノキシジルは血圧降下薬として開発されましたが、多毛の症状がみられるためaga治療に使用されている薬です。投与は半年~1年の期間での継続が望ましく、途中で投与をやめてしまうと効果を得られません。

ミノキシジルは発毛を促進する効果が期待されています。これに対してフィナステリドは5αリダクターゼを阻害する薬です。半年ほどで効果を実感できるケースが多いですが、患者の症状や年齢によって効果の現れ方は異なります。

デュタステリドも5αリダクターゼの働きを抑制するのが特徴です。発毛に特化している薬がミノキシジルであり、抜け毛を抑えるのがフィナステリドとデュタステリドになります。

aga治療が受けられる場所

aga治療に用いる薬は医師の処方が必要なため、病院で受診しなくてはいけません。病院で治療を受けますが、具体的に何科を受診すればよいのかわからない人も多いです。aga治療を希望する場合には、皮膚科または薄毛専門クリニックで治療を受けることになります。

aga治療はまだ新しい治療のため、情報量が少ないです。病院を選ぶ際には実績や治療効果が高い病院を選びましょう。チェック方法としては治療のメニューの数が多いかどうか、施術経験が豊富かどうかを確認します。皮膚科の中でもaga治療に積極的に取り組んでいる病院がおすすめです。

薄毛治療専門クリニックは、薄毛の進行を抑制し毛量を増やすための治療を行います。

毛量を復活させたいあなたへ!早期のaga治療でフサフサを取り戻そう

aga治療のメリット

毛髪(女性)30

aga治療は、投薬によって発毛効果を得る治療法です。投薬を受ければ、ほぼすべての人が効果を感じられるのがメリットです。クリニックの多くは投薬だけではなく、食生活や生活習慣に関してもアドバイスを行います。

自力で薄毛のケアを行う場合よりも、総合的に薄毛ケアを行えるのもメリットです。治療経過に合わせて投薬内容を変えるなど細かなサポートを受けることができます。またクリニックに薄毛や治療に対する疑問や不安を質問することもできるので安心です。

aga治療の流れとしては最初にカウンセリングを行い、患者一人一人の状態に合わせて治療方針を決定します。髪や頭皮の状態を確認し、どのような治療をどれくらいの期間行うのかという説明を医師から受けることが可能です。

薬の投薬が問題なく実施できるかを確認するため、血液検査を行います。この血液検査の結果に基づいて使用する治療薬を決定するため、より安心して治療を受けることができるのもメリットです。通院は一般的に1ヶ月に一度であることが多いため、通院の負担も大きくありません。

初期の薄毛なら薬だけのaga治療から始めよう

aga治療の注意点

aga治療を受ける際に注意してほしいのが、タイミングです。aga治療はほとんどの患者が薄毛を改善できる効果の高い治療ですが、治療をスタートするタイミングが遅すぎると効果を得にくい場合があります。agaの症状は時間とともに進行しますので、「まだ大丈夫」と治療を受けるのを遅らせていると手遅れになることもあるため注意が必要です。

セルフケアでは薄毛の進行を止めることは困難なため、薄毛の症状を自覚したら、できるだけ早く受診しましょう。早く治療を開始すればするほど、高い治療効果を得ることが期待できます。agaによって髪の生え代わりのサイクルが短くなり、毛根が機能を失ってしまった場合には薬が効果を発揮することができません。

aga治療は毛根が残っているかが大きなポイントになります。毛根は死滅してしまうと毛の生えてくる働き自体を失ってしまいますので、それよりも手前の時点で治療を開始することが肝心です。agaの進行は3つのレベルに分けられます。

レベル1は、頭頂部や生え際などが薄くなり毛量が減る状態です。レベル2は、毛のない場所がハッキリと確認できるが、産毛は生えている状態になります。このレベル2までであればaga治療の効果を得ることが可能です。

レベル3は産毛も生えていないツルツルの状態であり、このレベルになると場合によっては治療効果が期待できない可能性が高くなります。手遅れにならないように注意してください。

aga治療での服薬治療は10年を要する

aga治療は早期治療が効果的!

薄毛に悩む男性は多くいます。aga(男性型脱毛症)は、時間とともに少しずつ進行していくのが特徴です。症状が現れやすいのが額の生え際と頭頂部の2か所になります。これらの場所で薄毛が気になりだしたら、aga治療を検討しましょう。

aga治療は塗り薬や飲み薬で薄毛の進行を抑えたり、発毛を促したりします。aga治療は早い段階で開始するほうが効果を得やすいので、できるだけ早く皮膚科や薄毛専門クリニックに相談してください。