aga治療の特徴と毎月受ける場合の費用の相場

毛髪30

男性型脱毛症とも呼ばれるagaは、時間を掛けて改善していく必要があることから、最低でも月に1回のペースで通院することが基本となります。毎月通院をするに当たって気になる人も多いのが治療に掛かる費用です。そこで今回は、aga治療の特徴を説明すると共に、費用の相場やクリニックの選び方について詳しく解説していきます。

aga治療を行うと多毛症になることもある

クリニックで採用されるagaの主な治療方法

クリニックで行われるagaの治療方法にはいくつかの種類が用意されていて、それぞれに特徴が異なります。いくつかある治療方法の中でも比較的多くの所で採用されているのが投薬治療です。こちらは文字通り薬を服用しながら症状の改善を図っていく治療になります。

治療薬はミノキシジル、フィナステリド、デュタステリドの3種類です。ミノキシジルは発毛の促進を目的とした攻めの薬で、毛乳頭細胞を刺激による毛母細胞の増殖作用が期待されています。攻めのミノキシジルとは対照的にフィナステリドは抜け毛の予防に繋がる守りの薬です。

agaは発毛と抜け毛の両方をバランス良く行っていかなければならないため、大半のクリニックが採用しています。

薬剤で刺激を行う注入治療

毛髪(女性)38

前述した薬による投薬と並んで採用しているクリニックが多いのが注入治療です。注入治療とは、専用の薬剤を頭皮の中に注入して発毛の促進に繋がるビタミンなどの栄養を補給していく方法になります。頭皮に針を刺すことで痛みを伴うのではないかと不安を感じる人も少なくありません。

一昔前に行われていた治療では一般的な注射針を使っていたため、痛みを感じる人もいたと言われています。しかし、技術力の進化に伴って蚊の針よりも細くなっているので、刺されたことに気付かないほどです。頭皮の表面に塗布するだけの市販の育毛剤と違って直接中に注入することで高い効果が期待できると考えられています。


自分の髪の毛を再利用する自毛植毛治療

薄毛の症状は人によって個人差がありますが、中には前頭部や後頭部の一部分だけに進行が見られる比較的軽度の人もいます。こうした軽度の症状で悩んでいる人に利用されているのが自毛植毛治療です。こちらは側頭部などagaの症状がなく本数に余裕のある場所に生えている自分の髪の毛を移植する治療方法になります。

健康な髪でも頭皮から抜いてしまったことで効力が失われているのではないかとイメージされがちですが、これは誤った認識です。人間の髪は別の場所に植え替えられても元々持っている性質を維持することができます。そのため、移植後は生えていた場所と同じヘアサイクルで生え変わりが行われるようになり、薄毛の症状を改善することができるのです。

agaの治療で必要となる費用の相場

男性型脱毛症のagaは、利用するクリニックや行う治療方法によって金額が若干変化します。

大半のクリニックが治療費、診察料の2つで請求する形となっていて、治療費が約2万円前後、診察料が5000円前後が一般的な相場です。

1回の治療で2万円程度掛かるため、月に1度のペースで通院した場合は年間の出費が25万円弱という計算になります。

治療費が高めに設定されている理由

前述したように、クリニックでのaga治療に掛かる費用は一般的な病院で受ける風邪などの治療費に比べて若干高めに設定されています。治療費が高めに設定されている大きな理由の一つが保険です。日本では健康保険の適用は生活に支障を来す可能性のある病気や怪我の治療だけと法律で決められています。

agaも病気の一つに分類されますが、薄毛は日常生活に大きな影響を及ぼすものではないと判断されているため保険が適用されません。保険が適用されない自由診療では、それぞれのクリニックの判断で治療費を決めることができるため、通常よりも高くなってしまうと言われています。

また、治療で使われる投薬治療の薬や注入治療の薬剤は高価な物を使用されていて、これらも費用が高額になる理由の一つです。

自分に合ったクリニックを探すポイント

偏った食事や過度なストレスによってagaに悩む人が増えていると言われています。こうした需要に伴って治療が受けられるクリニックも増加していますが、前述したようにaga治療は原則保険適用外の自由診療です。そのため、同じ治療方法を採用していても、1回に掛かる費用が異なるケースも珍しくありません。

治療目的でクリニックを選ぶ時は、どの程度の金額が必要かという点を注視するのが基本です。例え1万円程度の違いでも、年間で10万円以上も差が出てしまいます。面倒だからと言って1つの所だけで判断をするのではなく、いくつかピックアップして比較検討をしなくてはいけません。

通院のしやすさを考慮する

agaの治療は一朝一夕で結果が出る物ではなく、長い期間を経て徐々に改善させていくことになります。通院は月1回が目安とされていますが、始めたばかりの頃は取り入れている治療の効果を調べるために診察だけ受けに行くというケースも少なくありません。

通院に電車やバスなどの公共交通機関を利用するのであれば、当然交通費や時間が掛かります。できる限り通院の負担を減らせるように、移動距離なども考慮することが大切です。

料金プランが明確にされているか

信頼性の有無もクリニック選びの大事なポイントの一つです。agaの治療を請け負っているクリニックは全てが信頼できる所だけとは限らず、中には必要以上に高い治療費を請求する悪質な所も少なくありません。信頼できるクリニックは、薄毛に悩んでいる人が安心して治療に訪れられるように、ホームページなどで情報を公開しています。

治療方法やそれに伴う費用など、利用者が知りたがっているであろう情報についてわかりやすく記載されていれば問題ありません。この点を曖昧に表記して通院を促しているクリニックは避けるのが無難です。

利用者の口コミを参考にする

ホームページでは、そのクリニックで治療を受けた経験がある人の感想などが記載されているケースが多くあります。実際に体験した人の意見は信頼性の高い判断材料の一つです。料金だけでなくこうした口コミなどにもしっかりと目を通して判断をすることが重要になります。

カウンセリングを利用して自分の状態を把握する

一口に薄毛と言っても発症した原因から進行状況までそれぞれ個人差があります。agaの治療は原因と状態を正確に把握した上で最適な治療法を取り入れて行かなければ意味がありません。症状によっては費用が高くなってしまうこともあるので、無料カウンセリングを利用して料金と提案された治療に納得できるかを見極めることが大切です。