aga治療の毎月の費用を把握して治療を継続しよう

毛髪10

進行性のagaを改善させるには継続的な治療が必要になるので、長期的な視野を持った治療プランを組み立てることが大切です。ここでは毎月のaga治療費の相場、費用を抑えるためのコツ、治療を継続するモチベーションの高め方、などについて説明しています。

自分に合った治療プランを見つけることが、agaを克服するために何より大切です。

agaの治療には保険が使えない

agaは進行性という特徴から、継続的な治療で改善させていくことが大切です。体質に関連する脱毛症であるため、放置しておいて急に改善することはありません。ホームケアやサロンでの対策でagaの進行はある程度抑えられますが、髪を増やすことは困難です。

髪を増やすためには医療機関でaga治療を受ける必要があります。医療機関では医薬品を使用した治療を受けることができ、血行促進に加えてagaの原因物質の分泌を抑えていく方法で対処します。具体的には外用薬と経口薬の併用となり、毎月の費用の相場は2~3万円くらいです。

aga治療は保険を使用できない自由診療のため、治療費はクリニック側が自由に決めます。それゆえ同様の治療薬であっても、クリニックによって料金が大きく変わってくるのです。

aga治療が自由診療となる理由は、薄毛治療が美容施術の一種と捉えられているからです。髪を生やすことは病気の治療ではなく、コンプレックスの改善という位置づけになっています。風邪治療よりも二重施術や鼻整形などに近いと考えられているわけです。

aga治療は長期に及ぶと考えて予算設定を

aga治療は単発的に受けるものではなく、一般的に数年の治療が必要になります。髪は急に増やせるものではなく、まずは乱れたヘアサイクルを正常化させていく必要があるのです。agaは進行に比例して改善に時間がかかるため、薄毛を自覚したら医療機関で検査を受けるのが得策です。

大量に髪を失ってしまうほど、年齢相応の毛量を取り戻すのに長期を要します。agaの費用は月単位で計算しておく必要があるので、毎月捻出できる予算に抑えてください。aga治療薬によって金額が異なるため、ここは医師やカウンセラーと相談しながら詰めていきます。

薬価が高額であるほど治療効果が高くなるのが一般的ですが、毎月捻出できる予算を超えてしまえば治療を続けられません。植毛などの高額治療を受ける場合においてはローンを利用するのもありですが、毎日服用する医薬品の治療費をローンで捻出するのは適切ではありません。

ローンには利息がつくので、結果的に高い買い物になりかねないからです。

ジェネリックを導入するメリット

毎月のaga治療費を少しでも抑えるためには、市販の発毛剤を使用する方法があります。医療機関で取り扱っている同様の薬剤と比較し、安価に抑えられていることが多いです。かつてはaga用の発毛剤といえば7,000円以上するのが当たり前でしたが、現在は3,000円台の商品が登場しています。

発毛剤にもジェネリックが登場し、薬価が下がってきたのです。

ジェネリックが用意されるのは医療用医薬品だけでなく、薬局やドラッグストアで販売される一般用医薬品も含まれます。ジェネリックは先発薬と成分に違いがないので、導入することで毎月の治療費を大幅に抑えられます。

先発薬のほうが効果が高そうなイメージがあるかもしれませんが、両者はほとんど違いがありません。莫大な研究開発費がかかる先発薬に対して、後発薬のジェネリックは既存の成分を使用して製薬をするので、研究開発費を大幅に抑えられます。

ジェネリックを導入した場合、毎月の治療費は1~2万円程度に抑えることも可能でしょう。

医療機関には毎月通院する必要がある?

agaを医療機関で治療する場合、定期的な通院が必須になります。

通院の頻度はaga治療薬がなくなる少し前であり、予約に時間がかかることを考慮して2週間前くらいからクリニックに連絡を入れておくのが得策です。

薬が切れる3日前になって連絡しても、10日後でなければ予約を入れられないなどの状況は起こりえます。治療薬は2か月分の処方を基本とするクリニックが多く、この場合は毎月通院する必要はありません。クリニックによって一度に処方できる月数は異なり、なかには3~4か月分の処方が可能なところもあります。

仕事が忙しくて毎月の通院は難しい、クリニックが近くにないのでなるべく通院頻度を減らしたいという人は、クリニック側に問い合わせをして何か月分まで薬をもらえるか確認してください。通院頻度を抑えれば交通費の節約になりますが、定期的にクリニックで頭皮や体調チェックを求められるのが普通ですから、数年分をまとめて処方してもらうことはできません。

ただし遠隔診療を導入しているクリニックですと、治療薬は宅配で郵送してもらうことが可能です。

aga治療は受けるべき?aga治療のメリットとは

aga治療の効果を実感するためにやりたいこと

aga治療を受けたからといって、急に髪が生えることはありません。ヘアサイクルの改善に伴って、軟毛化していた髪が徐々に強くなっていくため、昨日と比べた毛量の違いに気づくことは困難です。aga治療は長く続ける必要があるので、治療を成功させるにはモチベーションが重要になります。

そのためには髪が生えてきたという事実を認識する必要があるため、毎月頭部の写真撮影をしておくのが得策でしょう。昨日と今日の変化がわからなくても、1か月単位で見れば違いに気づけることが多いです。そうして前回の写真撮影時より増えたと実感できれば、aga治療を継続する動機になります。

aga治療の効果を実感するには、最低でも6か月の治療が必要だと言われています。乱れたヘアサイクルを整える対策は体質改善に分類されるため、短期間で実現するのは難しいです。写真撮影において特にしっかりと確認したいのは頭頂部で、ここは薄毛の進行に気づきにくいからです。

頭頂部は指で触れても薄毛に気づきにくいですが、鏡で見たら広範囲に薄毛が広がっているケースが多々あります。部位によって薄毛の状態や発毛速度は異なることが多いため、部位別に写真撮影をしておいてください。

毛量を復活させたいあなたへ!早期のaga治療でフサフサを取り戻そう

aga治療で結果を出すための要点

aga治療は保険の適用外だからこそ、治療費を抑える工夫が必要になります。治療には少なくとも6か月は要しますから、先発薬が高すぎるという人はジェネリックを検討してみましょう。クリニックへの通院頻度は、薬の処方月数によって変わります。

処方月数はクリニックによって変わるので、ここは事前に確認してください。毎月の頭部撮影を実施すれば、モチベーションを維持して治療を続けられます。