aga治療にかかるお金はどのくらい?aga治療にかかる費用を徹底解説

毛髪(女性)4

いつの時代も男性たちを悩ます問題と言えば、薄毛です。髪が薄くなってしまうと自信がなくなってきたり、周りの視線が気になったり、外に出るのが嫌になったりと多くの悩みを抱えてしまいます。薄毛の治療として有名なのがaga治療。

でも、どのくらい費用がかかるのかわからず踏み込めない人も多いのではないでしょうか。効果があるのなら試してみたいと考えている人のために、今回はaga治療にかかるお金のことをまとめてみました。

aga治療を行うと多毛症になることもある

aga治療はどのくらいお金がかかる?

薄毛治療として浸透してきているaga治療は、髪の毛に悩みをもつ世の男性たちの薄毛改善に大きな希望の光を当てています。aga治療が一般的になってきたとはいえ、詳しい人や受けたことのない人にとっては、どの程度お金がかかるのかわからないのではないでしょうか。

一般的に皮膚科などのクリニックや、aga治療を専門的に行っているクリニックで受けることができる治療内容は主に投薬治療が行われますが、他にもメソセラピーと呼ばれる頭皮に薬液を注入する方法や、自分の毛根を移植する自毛植毛があります。

おおよその費用は、皮膚科などの一般的なクリニックでは1ヶ月あたり15,000円程度、aga治療を専門的に行っているクリニックでは30,000円程度です。

しかしながら、aga治療は保険適用外の治療のため自由診療となりますので、各医療機関で費用が異なります。そのため、1ヶ月の費用は大まかな目安として考えておいた方が良いでしょう。

aga治療の費用が高い理由は?

医療機関で受けることができるのに費用が高くなってしまうのは、保険適用されていないため自由診療となってしまうからです。本来、保険診療であれば医療費の自己負担は3割程度ですが、自由診療になってしまうと治療にかかる費用の全額を負担することになります。

そもそも保険適用は、命の危険があるかどうかが1つの判断基準です。風邪などの病気や怪我などは程度こそあれ、放っておくと命を危ぶむ可能性がありますが、aga治療は放っておいても危険性はありません。そのため、aga治療は保険適用外の治療ということになってしまうのです。

また、自由診療となるため治療にかかる費用は各医療機関によって決めることができます。

aga治療は受ける医療機関によって値段が違う

毛髪(女性)7

aga治療は、自由診療なので各医療機関によって費用が異なります。自由に価格を決められるので、医療機関の広告費や人件費などの費用が関係します。また、使用するクスリの価格も違うため、費用に大きな開きが出てくるのです。

このように、医師の技術面や効果とは違うところの要因もありますが、自毛植毛などの投薬治療以外の治療を選択される場合は、医師の技術が必要となってきます。このような治療法を選択する場合には、投薬治療と違い費用が高い傾向にあるのです。

費用だけでは、効果に差があるのかどうかはわからないので、カウンセリングなどを受けながらどのような治療を受けられるのか、どのようなクスリを扱っているのかなど事前に説明を受け、納得して治療を開始する事が重要です。

なお、ジェネリック医薬品は費用をおさえることが可能であり、先発医薬品と効果は同じなので、投薬治療をする際には確認をとってみるのも良いのではないでしょうか。aga治療では、実際に行う治療法でも費用が変わりますが、治療を受ける医療機関によって値段が違うということをおさえておきましょう。

aga治療の種類とかかる費用

aga治療は、受ける治療法によってかかってくる費用が大きく変わってきます。どのような治療法があるのか、1回あたりどの程度費用がかかるのかを詳しく紹介していきましょう。まずは、一般的な治療法である投薬治療です。

薄毛の主な原因は、テストステロンと呼ばれるホルモンが、5αリダクターゼという酵素と結びつき、ジヒドロテストステロンへ変化します。このホルモンが脱毛因子であるTGF-βを増やしてしまい、結果的に成長するはずであった髪の毛が成長できず抜け落ちてしまうのです。

そのため、大元の原因であるジヒドロテストステロンを作らせないためのクスリが必要となってきます。治療薬はプロペシアやザガーロという薬で、月に7,000円から10,000円程となっています。

次に一般的な治療法である外用薬です。これは、頭皮に直接振りかける治療薬で、薬局などでも販売されています。薬剤はミノキシジルという髪の成長を促進する作用がある薬で、元々は高血圧のクスリとして開発されたものでした。

これを、薄毛の治療薬として再開発したものが処方されます。投薬治療などの治療と併せて実施することで効果が期待できるでしょう。費用は月で10,000円から15,000円程度です。一般的な治療法の他にメソセラピーと自毛植毛などがあります。

メソセラピーは薄毛を改善することが期待される成分を頭皮に直接注入する方法で、1回に15,000円から50,000円ほど費用がかかります。

費用に大きな開きがあるのは、使われる成分など違いがあるためです。また、施術は複数回行うため、総額は数十万程度かかってきます。効果はある程度持続するとされているため1クール実施すれば、効果が期待できるでしょう。

この治療法も、からだの外からアプローチする方法で、投薬治療と併せて行うことで改善効果が期待できます。自分の髪の毛を、植毛する自毛植毛は根本的な治療法とされています。agaの影響が少ない側頭部や後頭部などの髪の毛を頭皮からまるごと、髪の毛の薄い部分に移植する方法です。

髪をカットしても再び生えてくるので、それまでは出来なかった様々な髪型や髪色にすることが出来てしまいます。費用は、移植する量によっても異なりますが約90万円から200万円程度かかります。

aga治療に必要な年間費用はいくら?

aga治療は1度だけでよいというものではなく、長期間継続して行っていく必要のある治療です。そのため、月単位のみの費用だけではなく、年単位でどの程度費用がかかるのかを考えていく必要があります。投薬治療のみでも月に15,000円から30,000円程度かかるので、年間では12万円から36万円程度かかると想定しましょう。

さらに1度に数万円程度かかる、自毛植毛やメソセラピーなどの治療を追加すれば費用は大きくかかってきます。年間どの程度費用がかかるのかを計算し、自身の予算と照らし合わせながら治療を始めていくのが良いでしょう。

しかし、安ければ良いというものではありません。求める理想の効果が出る治療法を、カウンセリングなどを通して考えていくと良いと思います。

aga治療は費用対効果を考えて慎重に選びましょう

男性の悩みに1筋の希望の光を照らしてくれるaga治療は、医療機関で受けることができますが、保険適用外のため自由診療となっています。そのため、費用は大きくかかることもあり、通うクリニックや治療法などでも大きく変化します。

また、1度で終わるものではなく、長期間の治療が必要となるため期待する効果と予算とを見比べ、カウンセリングを十分に受けながら慎重に選択することが重要です。